業務用脱毛機の価格・コスパ・ランニングコストを総まとめ!

業務用脱毛機は価格・コストを見極めて選ぶ

脱毛サロンの運営にあたって業務用脱毛機は欠かすことができませんが、問題は金額の高さです。
安い機種でも100万円以上かかりますが、決して簡単に購入できる金額ではありませんよね。

そこで本記事では、業務用脱毛機の価格やランニングコストについて様々な面から触れてきます。
コスパの高さで選ぶ業務用脱毛機ランキングもまとめていますので、興味がある方はご参考ください。

業務用脱毛機の導入・維持にかかるコスト

導入コスト(本体価格)

業務用脱毛機を導入する際、最大のネックになるのはやはり本体価格です。
100万円台の機種から600万円近い機種まで、性能や機能によってさまざまな価格帯の業務用脱毛機が販売されています。

損益分岐点を下げ、できるだけ早く利益を確保するためにはこの初期費用を抑えることが重要ですが、やはりただ安ければ良いというものでもありません。
多機能性や充実したサポートを求めると、それ相応に金額は上がってしまいます。

※コスパ最強の業務用脱毛機ランキングは下記のリンクかチェック!ハイスペックの業務用脱毛機をお探しの方は必見です!※

ランニングコスト(維持費)

業務用脱毛機を維持するためには、ランプ・カートリッジの交換費用やメンテナンス代といったランニングコストがかかりますが、ランプ交換費用はおよそ10万~30万円と高額。
最大ショット数が少ない業務用脱毛機は頻繁にランプを交換する必要がありますが、それが積み重なるとかなりの金額になります。

もちろん初期費用を抑えることも大事ですが、ランニングコストは業務用脱毛機を稼働させている以上、半永久的に発生する費用。
そのため本体価格が安いという理由で購入しても、ランニングコストが高いと結局大きな損をしてしまうことも考えられます。

業務用脱毛機の価格比較表(本体価格順)

業務用脱毛機名 本体価格 1ショットの金額
Tino(ティーノ) 108万円 0.3円
CUBE DUO(キューブデュオ) 138万円 0.46円
CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ) 208万円 0.18円
エアクールフラッシュ 218万円 1.9円
epi Move(エピムーヴ) 250万円 0.24円
Lutella(ルテラ) 250万円 1.86円
PEGASUS PRO(ペガサスプロ) 310万円 0.19円
LIGHENCE(ライエンス) 330万円 0.3円
RIOXY(リオキシー) 350万円 0.6円
FALCON(ファルコン) 350万円 0.6円
M.S.F.T.Krypton(クリプトン) 360万円 9.4円
パワーライト400NE 370万円 0.56円
epiAce EXR(エピアス) 378万円 1.2円
バイマッハ 398万円 0.49円
ハイパースキンカレン 400万円 1円
GSDh150ws 421万円 0.46円
ルネッサンスGT-R 429万円 1.6円
ルミクス・ツイン 470万円 0.1円
ルミクスA-9 480万円 0.1円
Masterlight(マスターライト) 490万円 0.56円
シルキーライトⅡ 560万円 4.8円

※業務用脱毛機・本体価格 更新2021年12月

こちらは現在日本で出回っている主な業務用脱毛機の価格表です。

本体価格を比較すると、最安値のティーノ(108万円)と最高値のシルキーライトⅡ(560万円)の差額はなんと452万円!
小規模の脱毛サロンであれば、サロン開業時の外観・内装工事費も十分まかなえるほどの金額です。

また、1ショットあたりの金額に関しても大きな差があります。
M.S.F.T.クリプトンの9.4円がずば抜けて高額ですが、それを除いても決して小さくない差の開きがあるため、施術人数が増えれば増えるほど、結果的なランニングコストに多大な影響を与えます。

業務用脱毛機の本体価格が高い理由

イメージ

業務用脱毛機は、痩身マシンや美顔器といった他の美容機器に比べて本体価格が高い傾向にあります。
その理由としては、

  • 脱毛以外の機能がついているものが多い
  • 痩身やフェイシャルに比べて一目で分かる効果が求められる
  • 脱毛はエステメニューの中でも需要が高い

などが考えられます。

多機能マシンはサロン運営の味方!しかしかなり高額になることも

業務用脱毛機に関する技術開発や製造には、膨大な企業努力が詰まっています。近年脱毛以外の機能を搭載した業務用脱毛機が増えてきたこともその表れですし、安全性を高めるため、多くの臨床実験を繰り返しているメーカーも多いです。

フェイシャル・バストケア・イオン導入などの機能がついた業務用脱毛機を導入すれば他サロンとの差別化ができ、サロン運営の強みとなることは確かです。しかし、全ての脱毛サロンでそのような機能が活躍するわけではありませんし、多機能であればあるほど、本体価格は当然高くなる傾向にあります。

業務用脱毛機のランニングコスト算出方法

通帳と電卓とボールペン

本体価格の安い業務用脱毛機を導入すれば初期費用を大きく抑えることができ、その分を外観や内装工事に充てることも可能です。しかし、サロンを運営していくうえで無視できないのがランニングコスト。こちらも詳しく見ていきましょう。

1ショットあたりの価格

業務用脱毛機のランニングコストはよく「1ショットあたり〇〇円」と表現されますが、その金額は以下の計算式で算出できます。

1ショットあたりの価格=【ランプ代】÷【ランプ最大ショット数】

業務用脱毛機は機種ごとに最大ショット数が決まっており、それを過ぎるとランプを交換しなければなりません。その際にかかるランプ代を最大ショット数で割ると、1ショットあたりの金額を割り出すことが可能というわけです。

全身脱毛1回に必要なコストは?

身体の大きさはには個人差があるため、あくまで参考程度ですが、1回の全身脱毛にはおおよそ3000ショットが必要だと言われています。

これを例に実際に比較してみると、1ショットの金額が最も安い「ルミクス・ツイン」(1ショット:0.1円)だと、1人あたりの全身脱毛には300円かかる計算になります。
一方で、「エピアスEXR」(1ショット:1.2円)の場合は3,600円かかってしまうため、その差額は3,300円です。

10人施術すれば33,000円、100人で330,000円、200人で660,000円の差が出る計算になりますが、本体価格はエピアスEXRの方が92万円安いため、279人全身脱毛した時点から、ルミクス・ツインの方がお得ということになります。

電気代

業務用脱毛機を維持するためには、ランプ代だけでなく電気代も必要になります。
参考として、電気代の割り出し方は以下の通り。最後は契約している電気料金プランに当てはめて計算してください。

①まず、電力量を割り出します
業務用脱毛機の消費電力と使用時間を掛けましょう。
【消費電力(W)】×【使用時間(h)】=【電力量(Wh)】

②次にWhで出した電力量をkWhに換算します
これは単純に1000で割ってください。
【Wh】÷【1000】=【kWh】

③契約しているプランの1kWhあたりの電気料金を確認して、電気代を割り出します
【②で算出したkWh数】×【契約プランの1kWhあたりの電気料金】=【サロンの電気代】

コストパフォーマンスが高い業務用脱毛機ランキング

CLEAR / SP-ef(クリアエスピーエフ)

  • 本体価格:208万円
  • 1ショットあたりの金額:0.18円

コストパフォーマンスが高い業務用脱毛機ランキング、第1位は「CLEAR / SP-ef(クリアエスピーエフ)」!
本体価格とランニングコストの両方がトップクラスにリーズナブルで、ユーザーにとっては非常に嬉しい料金設定です。

しかし、1位にした理由は安さだけではありません。
最新のTHRモードは非常に高い脱毛効果を発揮しますが、抜群の冷却機能によって痛みは最小限に抑えてくれます。

また、連射しても出力が落ちないというところも大きなポイント。
チャージ時間や冷却時間を待つことなく連射できるため、施術時間が短縮でき、サロンの回転率が大きく上がります。

CLEAR/SP-efの公式サイトをCHECK!

Tino(ティーノ)

image

  • 本体価格:108万円
  • 1ショットあたりの金額:0.3円

当サイトが比較している業務用脱毛機の中で、最も本体価格が安い「Tino(ティーノ)」が第2位です!
1ショットあたりの金額が少し高くなるという理由で、CLEAR / SP-efよりコストパフォーマンスが劣ると判断しました。

しかし、そうはいっても業界トップクラスにリーズナブルな業務用脱毛機であることは間違いありません。
とりあえず初期費用を抑えたいという人には強くお勧めできる機種です。

Tinoの公式サイトをCHECK!

epi Move(エピムーヴ)

イメージ

  • 本体価格:250万円
  • 1ショットあたりの金額:0.24円

第3は高い満足度を誇る「epi Move(エピムーヴ)」です!
上の2機種と比較するとコストパフォーマンスは劣りますが、業界トップクラスの安さであることは変わりません。

また、こちらの業務用脱毛機も安いだけでなく機能性にも優れており、高い脱毛効果を発揮します。
手厚いアフターフォローが付いてくるところも嬉しいポイントです。

epiMoveの公式サイトをCHECK!

業務用脱毛機の元を取るにはどれくらいかかる?

イメージ

業務用脱毛機の元を取るには何人施術すればいい?

それでは次に、購入した業務用脱毛機の本体価格をどれくらいの期間で回収できるか計算してみます。

ランキング1位の「CLEAR / SP-ef」を例に挙げると、まず本体価格が208万円。
ざっくりと1回あたりの顧客単価を3万円と設定すると、購入した金額の元を取るには70人施術する必要があるという計算になります。

仮に施術スタッフ1名で毎日5人施術すると仮定すると、わずか14営業日で達成することになります。
そう聞くと、そこまでハードルは高くないように感じるのではないでしょうか?

高額な導入コストを短期間で回収するのは難しい

しかし、どの脱毛サロンもそのように上手くいっているわけではありません。
大きな課題はきちんと集客できるかどうかということです。

最近は都市部だけでなく地方でも複数の脱毛サロン・クリニックがシェアを競っているという状況が珍しくありませんが、そんな中にいきなり個人サロンが参入して、毎日5人ものお客さまを集めることは、実はなかなか難しいことだったりします。

そう考えると、脱毛機の元を取るにはもっと期間がかかるかもしれませんが、当然脱毛サロン開業には他にも多額の初期費用・運営費用がかかります。
そのため総合的に黒字になるには数年かかるかもしれませんし、ひょっとするとその前に閉業せざるを得ない状況に陥ってしまうことも考えられます。

業務用脱毛機の価格はなぜ非公開が多いのか?

ちなみに、各業務用脱毛機の公式ホームページを見てみると、本体価格が公開されていないケースが非常に多いです。実は業務用脱毛機に限らず、BtoB(B2B/企業間取引)事業は価格未公開のモノがほとんど。いわゆるクローズド運営ですね。

理由はさまざまですが、大きく2つの理由が挙げられます。

一般ユーザーに価格を公開したくないため

一般ユーザー、つまりエンドユーザー(脱毛サロンを利用する人)にコストを知られたくない経営者やオーナーは多いはずです。

また、個人で購入したいという方が出てくると困るという面もあります。支払い時のトラブル・転売・ブランド毀損などのリスクが伴うため、個人に対して業務用脱毛機の販売を行うメーカーはほとんどありません。

取引規模・契約条件によって価格が変わるため

企業間の取引は契約規模に大きな開きがあります。

極端な例ですが、業務用脱毛機を100台同時に導入するサロンと、1台だけしか導入しないサロンでは、1台あたりの価格を変えるメーカーがほとんどだと考えられます。また、以前から何らかの関係が構成されており、長くそのメーカーで買い替えを繰り返しているサロンは掛け率が違うこともあります。

このようにBtoBは取引規模、取引期間、契約内容によって価格が変わることが頻繁にあるため、クローズド運営が多く、業務用脱毛機もこの例に漏れません。

本当に良い脱毛機はどれ?人気業務用脱毛機ランキング

こちらのランキングは価格だけでなく、性能・耐久力・メーカーサポートなど、業務用脱毛機に大切な要素を総合的に判断した結果を掲載しています。興味があればぜひご覧ください!

業務用脱毛機ランキング

業務用脱毛機器アカデミー運営チーム

業務用脱毛機器アカデミーは、サロン経営者やこれから独立する方を支援するために開設された、業務用脱毛機専門の比較サイトです。業界に精通したプロを中心に運営しており、最新の脱毛事情や、経営に役立つ情報を発信していきます。

業務用脱毛機ランキングBEST3

  • 1位

    CLEAR/SP-ef

    THR脱毛・氷結脱毛で痛みが少ない業務用脱毛機

    CLEAR/SP-ef
    • 本体価格

      208万円

    • 1ショット

      0.18

    独自の最新技術「THR脱毛」が搭載されているCLEAR/SP-ef。痛みが少なく、顧客満足度向上に貢献ができる業務用脱毛機です。脱毛に掛かる時間は、最短20分。脱毛サロンの回転率改善に繋がります。女性だけでなく、男性や子どもにも対応したハイスペックマシンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    バイマッハ

    脱毛と同時に美肌・痩身もできる業務用脱毛機

    バイマッハ
    • 本体価格

      400万円

    • 1ショット

      0.4

    イオン導入を照射しながら脱毛ができるバイマッハ。フェイシャルエステ機能も搭載されているため、エステメニューにも対応しています。2018年には、「ベストビューティーアイテム賞」を受賞。業界初の5年保証は、サロンオーナーにとって安心できます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ルミクス-A9

    1ショットあたり0.1円の高コスパマシン

    ルミクス-A9
    • 本体価格

      480万円

    • 1ショット

      0.1

    導入実績が豊富のルミクス-A9。痛みも少なく、日焼け肌や産毛、金髪にも対応している業務用脱毛機です。導入後は、豊富なノウハウで、サロンに合わせた経営サポートも充実しており、土日祝日の問い合わせ対応◎。脱毛サロン開業初心者におすすめの機器です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

ヒット中のコンテンツ