おすすめ業務用脱毛機 RECOMMEND

01CLEAR/SP-ef

CLEAR/SP-ef

スピード・安全・コスパを網羅!
独自技術を有する次世代業務用脱毛機

独自技術【THR脱毛】を採用する「CLEAR/SP-ef」は、痛みが少なく安定した光の照射を実現。往復照射不要で全身脱毛が最短20分で完了します。本体価格168万円に加え、1ショット0.18円という他を圧倒する抜群のコスパにも注目。

  • 本体価格

    168万円

  • ランプ交換費用

    18.8万円

  • ランニングコスト

    1ショット0.18

  • 保証期間

    2年間

02ルミクス・ツイン

ルミクス・ツイン

全身脱毛最短12分!
業務用脱毛機トップクラスのスピード施術

1秒間に10ショットを可能とし、全身脱毛最短12分という驚きのスピードを実現する『ルミクス・ツイン』は、ランニングコストも優秀の安定したヒッター。唯一のデメリットは本体価格の金額に対し保証期間が1年というところでしょうか。

  • 本体価格

    470万円

  • ランプ交換費用

    10万円

  • ランニングコスト

    1ショット0.1

  • 保証期間

    1年間

03CUBE DUO

CUBE DUO

本体価格は最安値!?
導入しやすさNo.1業務用脱毛機

本体価格138万という衝撃価格の『CUBE DUO』は、全体の機能を見ても他とそれほど遜色はありません。頭金なしの分割払いも可能で、リース対応もあります。開業資金に不安がある・早めに初期費用を回収したいという方にもおすすめです。

  • 本体価格

    138万円

  • ランプ交換費用

    13.8万円

  • ランニングコスト

    1ショット0.46

  • 保証期間

    1年間

04ルネッサンスGTR

ルネッサンスGTR

個人サロン支持率高!
コンパクト・超軽量な業務用脱毛機

自宅サロンで導入しても邪魔にならないコンパクト・超軽量の『ルネッサンスGTR』は、重さ19キロ。メンテナンスも簡単です。価格は平均的で保証期間は3年と親切です。メンズ脱毛については同メーカーから専用機が発売中です。

  • 本体価格

    390万円

  • ランプ交換費用

    29万円

  • ランニングコスト

    1ショット1.6

  • 保証期間

    3年間

業務用脱毛機を選ぶポイント POINTS TO CHOOSE

  • 01

    機能

    効果や脱毛方式、近年需要の高いヒゲ脱毛・子ども脱毛が可能かどうかも確認しましょう。また、痛みに関わる冷却機能も重要です。

  • 02

    コスト

    導入コスト、運用コストの両方に注目。運用コストは1ショットあたりの金額だけではなくランプ代も必須項目として確認しましょう。

  • 03

    安全性

    操作のしやすさ、扱いやすさは安全のために重要。他にも、脱毛機がどこで製造・メンテナンスされているかにも注目しましょう。

  • 04

    保証期間

    業務用脱毛機の保証期間はさまざまです。長ければ優秀というわけありませんが本体価格と保証期間のバランスは見ておきましょう。

  • 05

    脱毛以外の機能

    脱毛の他にフェイシャル・バストケアなど、顧客の幅を広げサロンのメニューを充実させる機能がついている脱毛機は多いです。

  • 06

    サポート体制

    デモ・アフターサポート・研修制度・保険だけではなくセミナーの開催など、メーカー独自のサポート制度もチェックしてください。

業務用脱毛機
徹底比較ランキング

人気業務用脱毛機の機能と特徴を
ピックアップしランキング形式でご紹介中!

脱毛方式 EPILATION METHOD

光脱毛ってなに?

現在最も支持率が高く、ユーザー数も多い光脱毛は、光の持つエネルギーで毛根を刺激し脱毛を促進するものです。レーザー脱毛やニードル脱毛(針脱毛)に比べ安全性が高く安価で、痛みも少ないと言われています。
光脱毛はこれまでIPL脱毛が主流でしたが、近年はNPL脱毛やSSC脱毛、THR脱毛など最新の脱毛方法が次々開発され、脱毛サロンも価格だけではない差別化が図れるようになりました。

  • SHR

    SHR脱毛は蓄熱・連射式脱毛です。痛みが少なく毛周期を問わず脱毛できることが特徴。日焼けした肌や色素が薄い毛にも有効です。

  • THR

    SHR脱毛の弱点を解消した最新脱毛。肌内部に光が浸透しやすく、連射しても出力が安定しているため、往復照射を不要とします。

  • IPL

    複数の波長で毛根に働きかける、光脱毛では主流の脱毛。元々フェイシャルで使用されていたこともあり美肌効果が期待できます。

  • NPL

    バジル理論を用いた脱毛です。毛周期を問わず施術可能なためそれまで主流だったIPL脱毛より早く脱毛を完了させることができます。

  • ハイパースキン

    発毛因子に働きかけることで抑毛・減毛する方法。他の脱毛に比べ効果が見えるまで時間はかかるが肌に優しく痛みも少ないです。

  • E-LIGHT

    光と高周波を組み合わせた脱毛。質の違うエネルギーを組み合わせることにより、高い脱毛効果を実現できると言われています。

  • SSC

    専用のジェルと組み合わせて脱毛する方法。毛根へ直に働きかけるわけではなく、ジェルに含まれる成分が光に反応して抑毛します。

  • 発毛予防

    ハイパースキン同様、発毛因子に働きかけ抑毛・減毛する方法です。効果は高いと言われていますが、実感までは時間がかかります。

失敗しないための豆知識

注目度の高い脱毛 ATTENTION

  • 介護脱毛

    介護脱毛イメージ

    高齢化に伴い、男女ともに需要が伸びてきたと言われる介護脱毛。美容目的ではなく将来、自分が介護される側になったときのためにVIO(アンダーヘア)やワキの脱毛を行うことです。介護する側の精神的負担や、衛生面、感染症予防など多数のメリットがあります。白髪では脱毛効果が期待できないため、早めの施術が推奨されます。

  • 子ども脱毛

    子ども脱毛イメージ

    思春期のお子さんがムダ毛に悩んでいたり、自己処理で肌を傷つけてしまうことに心痛めている親御さんは多いです。光脱毛が身近になったこともあり、親世代が脱毛に抵抗がないため子ども脱毛のニーズは高まっています。
    安全性が懸念されるため、対応可能年齢・専用モードなどがあるかを確認しましょう。

  • メンズ脱毛

    メンズ脱毛イメージ

    ヒゲ脱毛を中心によく耳にするようになったメンズ脱毛は専門サロンも増加し、競合が激しくなってきました。男性は女性と比べて毛の太さや頑丈さが違うため脱毛が難しく、時間がかかります。効果の差が機種によって顕著に出るため、メニュー導入をお考えの場合はデモで効果や経過をよく見る必要があります。