子ども脱毛の特徴 メリット・デメリット 専用モード搭載の脱毛機

近年注目度の高い脱毛:子ども脱毛について

実際に大手脱毛サロンの「脱毛ラボ」が行ったアンケートでは、女子中高生の半数が、脱毛サロンまたはクリニックに通ってみたいと回答しています。このことからも、多くの女子中高生が、ムダ毛に関して悩みを抱えている可能性が高いと考えられます。

また、親子で脱毛に通っているという方も最近は多く、親子のコミュニケーションのきっかけにもなります。一緒にサロンに通うことで、仲が深まったという声も多く、単純に脱毛をする以外のメリットも存在しています。

一方、子どもが脱毛を行うことにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。今回のコラムで詳しく解説していきます。

『子ども脱毛』取り扱いサロンが急増している理由

子ども脱毛がいま再注目!その理由とメニュー導入のポイントは?

バラエティーやワイドショーなど、テレビ番組で取り上げられたことで、広まりつつある『子ども脱毛』。プランやコースを用意する脱毛サロンも急増中です。

子どもの脱毛については賛否両論ですが、実際、体毛に悩んでいる子どもがたくさんいるのも事実で、子ども脱毛の需要は注目度と共に高まっています。人気を集める要因はさまざまですが大きく言われていることは以下のような意見が目立ちます。

もともとムダ毛にコンプレックスを抱いている子どもは多い

そもそも、ムダ毛にコンプレックスを抱いている子どもは非常に多いです。
個人差はありますが、小学校高学年から中学生の間に思春期に入り、男女問わず、徐々に体毛が生えてくるようになります。
それと同時に髪型、ファッション、体型といった外見に気を遣うようになりますが、ムダ毛もその一つです。
子どもは体育やプールの授業などで手足を出す機会も多いですが、同級生の目が気になり、積極性を失ってしまう子どもも多いです。

親世代にとって脱毛が身近なものになった

脱毛サロンが増えたことで競争が激しくなり、低価格化が進み、脱毛は多くの女性にとって身近なものになりました。
多くの女性がヘアサロンやネイルサロンと同様の感覚で脱毛サロンへ通うようになったため「脱毛は身近で手軽」という認識が広まっています。
最近では、子どもがムダ毛に悩んでいるのを見かねて、親御さんから脱毛をすすめることも珍しくありません。親子で脱毛サロンへ通っているという声も、まだ少ないながらも増えてきました。
少子化が進み、子ども1人に掛けられる費用が増えたということも大きな理由の1つでしょう。子ども脱毛の需要高の要因は、そんな時代背景も影響していると考えられます。

子ども世代の美意識の高まり

子ども向けのファッションブランドや美容雑誌、化粧品などが人気を集めていることからもわかる通り、従来と比較して、小さい子どもの美意識はどんどん高まってきています。
また、Tik TokやInstagramといったSNSの普及によって、より多くの人に自分を見られることになった分、さらに美意識は高まり、脱毛サロンに通い始める子どもも増加傾向にあります。

子ども脱毛のメリット・デメリット

子ども脱毛をするメリットとデメリットを解説します。

子ども脱毛のメリット

若いうちにムダ毛処理の手間がなくなる

一般的に体毛が生え始めるのは小学校高学年~中学生の間であることが多いですが、ほとんどの女子はそれと同時にムダ毛の処理を始めます。
そして、脱毛をしない限りは一生ムダ毛処理をしていくことになるでしょう。

一回一回にかかる時間は大したことなくとも、トータルで考えると、途方もない時間をムダ毛処理に費やすことになります。
それをもったいないと感じて脱毛する人も多いですが、どうせ脱毛するのであれば、少しでも若いうちに済ませてしまった方がお得です。

少ない回数で脱毛が完了する

基本的に女性より男性の方が脱毛に時間がかかる傾向にありますが、それは毛の濃さや量が関係しています。
男性の体毛は色も濃く、量も多いため、女性より時間がかかってしまうのですが、その点、子どもは大人より少ない回数で脱毛できるという特徴があり、脱毛が完了するまでの期間も短く済みます。

脱毛料金が安い

子ども脱毛の需要が増えるに伴って、近年では子ども専門の脱毛プランを用意している脱毛サロンも増えてきています。
料金や回数などの詳細はサロンによって異なりますが、大人用の通常プランより安いことがほとんど。
脱毛しやすい毛質だったり、大人より身体が小さいことが理由として挙げられますが、比較的安く脱毛できるという点も子ども脱毛の大きなメリットです。

子ども脱毛のデメリット

刺激に弱い

子どもの肌は大人より薄く、痛みを感じやすいというデメリットがあります。
お客さまに合わせて脱毛しなければいけないことは当然ですが、小さい子どもの場合はより一層慎重に施術しなければいけません。
また、年齢によっては、脱毛時の痛みに耐えられないということも考えられます。

再び毛が生えてくる可能性がある

体毛には毛周期というものがあり、一度の施術で完全に脱毛できるわけではありません。
何度か脱毛することで体毛が生えてこなくなりますが、思春期は身体の成長が著しいため、一度完全に脱毛できたと思っても、しばらくするとまた生えてきてしまう可能性があります。
もしそうなってしまった場合、「やり直し」とまではいきませんが、追加で何度か施術を受けとになるかもしれません。

脱毛サロンによって脱毛できる年齢が異なる

子ども脱毛に対応している脱毛サロンは増加している傾向にありますが、サロンによって脱毛できる年齢は異なります。
中には3歳の子どもから受け入れているサロンもあれば、反対に、未成年の利用を完全に禁止しているサロンも珍しくありません。
親子や姉妹で同じサロンに通いたいと考える場合は、そのような年齢制限に注意する必要があります。

子ども脱毛に危険は伴う?

冒頭でもお伝えした通り、子ども脱毛は賛否両論です。否定派の意見の中には、光脱毛の歴史が浅いため、どんな影響があるのか未知数というものもあります。

実際に子どもが光脱毛器を使用して脱毛するのには危険は伴わないのでしょうか?

脱毛器の使用は肌にとってはプラス?

結論からいうと、脱毛器の仕様は、肌にとって大きなリスクにはなりませんが、肌を一切傷つけずに脱毛をすることは、どんな手段を用いても不可能です。

極論を言うのであれば、毛を一切処理しない方が肌にとっては優しいです。

しかし、将来的なことを考えても、ムダ毛を処理しないということはあり得ないかと思います。どうせムダ毛を処理するのであれば、脱毛器で早めに処理してしまい、将来的な肌の負担を軽減させることもおすすめです。

サロン側が気を付けること・確認すること

子どもは痛みを感じやすい

脱毛機の出力を上げるほど、脱毛効果は高くなりますが、その分感じる痛みも強くなります。それ自体は仕方のないことですが、子どもは大人ほど痛みに対して我慢強くないということを理解しておきましょう。
あくまでお客さまが耐えられる痛みの範囲で施術を行わなければいけないため、痛みに耐えられるか部位ごとに確認しながら、脱毛していくことが大切です。

子どもは日焼けしやすい

体育や部活など、子どもは大人に比べて外に出る機会が多く、日に当たる時間も長いため、日焼けしやすい傾向にあります。
脱毛前後の日焼けは肌トラブルの原因となるため、施術前にしっかり確認・通達しておく必要があります。
また、日焼け止めや制汗スプレーが肌に付着している状態で施術を受けても、脱毛効果が半減してしまうということを覚えておきましょう。

ホルモンバランスが不安定で毛量が変わりやすい

生理前・思春期の子どもはホルモンバランスが安定していない場合が多いです。
毛はホルモンバランスに大きく左右されます。男女間で毛質や濃さに違いがあるのも、ホルモンの種類が違うからです。
薄くなるより、急に毛量が増える子どもが圧倒的に多いです。子ども脱毛を行うサロンは、「脱毛しているのに毛量が増えた」というトラブルやクレーム回避のため、親御さんにしっかり説明しましょう。

子どもは毛周期が安定していない

効率的に脱毛するためには、体毛の毛周期に合わせて施術を行う必要がありますが、毛周期もホルモンバランスの乱れによって変化してしまいます。
1回1回の施術できちんと脱毛効果を発揮するには、大人以上に慎重にカウンセリングをする必要があるでしょう。
あるいは毛周期に影響されない業務用脱毛機を選ぶことをおすすめします。

子ども脱毛専用の業務用脱毛機もある!?

現在は子ども脱毛に適した脱毛機器も次々開発されています。
業務用脱毛機の中には子ども脱毛の専用モードがあるものも珍しくありません。推奨年齢を設定しているものがほとんどなので、安心して施術を行うことができます。

また、コンプレックスを隠そうと自己処理を行う子どももいらっしゃいますが、カミソリをはじめとした自己処理は、肌に大きな負担がかかります。自己処理を繰り返してトラブルを招くよりは安全が考慮された脱毛を行う方がリスクは低いと考えられます。

子ども脱毛を取り扱っている大手サロン「アドラーブル」では、子ども脱毛モードを搭載している業務用脱毛機CLEAR/SP-ef#を採用しています。

子ども脱毛モード搭載のCLEAR/SP-ef#とは?

CLEAR/SP-ef#とは、老舗業務用脱毛機メーカーである株式会社NBSが販売してる業務用脱毛機CLEAR/SP-efに、「子ども脱毛・メンズ脱毛」機能が追加された機種です。東海エリアや九州エリアに店舗展開している脱毛サロン「アドラーブル」で使用されており、子どもの肌に優しいと評判が非常に高い脱毛器です。

CLEAR/SP-ef#の特徴の1つが、氷結脱毛機能になります。氷結脱毛機能とは、脱毛機の照射面が氷点下に冷える機能です。脱毛は、毛穴に熱を与えながら行いますが、照射面が冷えているため、肌への負担を最大限軽減させて脱毛をすることができます。

また、CLEAR/SP-efの独自脱毛方式であるTHR脱毛も採用しており、氷結脱毛との組み合わせで更に、肌に負担が少ない脱毛を実現しています。

CLEAR/SP-efの公式サイトをCHECK!

業務用脱毛機器アカデミー運営チーム

業務用脱毛機器アカデミーは、サロン経営者やこれから独立する方を支援するために開設された、業務用脱毛機専門の比較サイトです。業界に精通したプロを中心に運営しており、最新の脱毛事情や、経営に役立つ情報を発信していきます。

業務用脱毛機ランキングBEST3

  • 1位

    CLEAR/SP-ef

    THR脱毛・氷結脱毛で痛みが少ない業務用脱毛機

    CLEAR/SP-ef
    • 本体価格

      208万円

    • 1ショット

      0.18

    独自の最新技術「THR脱毛」が搭載されているCLEAR/SP-ef。痛みが少なく、顧客満足度向上に貢献ができる業務用脱毛機です。脱毛に掛かる時間は、最短20分。脱毛サロンの回転率改善に繋がります。女性だけでなく、男性や子どもにも対応したハイスペックマシンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    バイマッハ

    脱毛と同時に美肌・痩身もできる業務用脱毛機

    バイマッハ
    • 本体価格

      400万円

    • 1ショット

      0.4

    イオン導入を照射しながら脱毛ができるバイマッハ。フェイシャルエステ機能も搭載されているため、エステメニューにも対応しています。2018年には、「ベストビューティーアイテム賞」を受賞。業界初の5年保証は、サロンオーナーにとって安心できます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ルミクス-A9

    1ショットあたり0.1円の高コスパマシン

    ルミクス-A9
    • 本体価格

      480万円

    • 1ショット

      0.1

    導入実績が豊富のルミクス-A9。痛みも少なく、日焼け肌や産毛、金髪にも対応している業務用脱毛機です。導入後は、豊富なノウハウで、サロンに合わせた経営サポートも充実しており、土日祝日の問い合わせ対応◎。脱毛サロン開業初心者におすすめの機器です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

ヒット中のコンテンツ