スタッフの育成はサロン経営において避けられないテーマ

案外、サロン経営はオーナー1人で回すほうが楽だったりします。
なぜならお客様のためにどう動くか、どう効率的に仕事をこなしていくかなどの方向性がすべてわかっているからです。
スタッフを雇うということはその理念を共有し、サロンでの動き方を覚えてもらい、さらにお客様に満足いただけるパフォーマンスが発揮できるよう導く必要があります。
今回はサロンのスタッフ教育の進め方について考えます。

基本的なビジネスマナー

電話応対や名刺交換などの作法などは社会人として最低限のビジネスマナー。経験者であれば必要ないかもしれませんが、新卒で採用したスタッフなどには必須の項目です。

エステサロンならではの接客スキル

エステサロンのスタッフに求められる接客スキルは、他の業態のそれとは少し異なります。美を提供する側背あることを意識した身だしなみや立ち居振る舞いなどもしっかり指導するようにしましょう。

肌に関する知識や取扱商品に関する専門知識

仕事である以上、自分が提供するサービスに対する知識は持っていて当然。お客さまからの質問に的確に答えられるよう、肌理論や取扱っている化粧品などの知識は研修時にしっかり確認しておきましょう。

理念共有

いくらスタッフに技術や知識を教えても、オーナーが持っている理念が伝わらなければスタッフはいつまでも「いわれることをやる」だけになってしまいます。
自分で考えて動けるスタッフになってもらうためにも、サロンの経営方針やスタッフの行動指針はハッキリと言語化して共有しましょう。

サロンスタッフの教育はどう進めるのがいい?

まずはオーナー・先輩が背中を見せる

サロンでの接客を覚えてもらうためには実践が一番。まずはオーナーが積極的に自分の接客を見せ、学んでもらうようにしましょう。

インストラクターを招いて講習会

効果的なカウンセリングの方法やクロージングの手法を学んでほしいときは、専門のインストラクターを招いて講習会やワークショップを行うことも有効です。

マニュアルの作成・トレーニングとフィードバック

カウンセリングやクロージングはマニュアルやトークブックを作成し、スタッフによって接客の質に大きな差が出るということがないようにしましょう。

とはいえ、接客はマニュアルを読んだだけで身につくものではありません。くり返しトレーニングを行い必ずフィードバックをしましょう。

  • シェア

ヒット中のコンテンツ