業務用脱毛機の出力について解説!

業務用脱毛機の出力はなぜ重要なのか?

業務用脱毛機の「出力」とは、脱毛機から照射される、光やレーザーのパワー・威力のこと。つまり、「出力」によって脱毛効果が出るかどうかが決まるということです。

「出力」によって、脱毛サロンの成功の可否が決まると言っても過言ではありません。ということで今回は、業務用脱毛機の出力について詳しく解説していきます。

出力は業務用脱毛機の種類によって異なる

業務用脱毛機には、3つの種類があります。それぞれの特徴や出力についてみていきましょう。

  • 医療レーザー脱毛機
  • 美容光脱毛機
  • ニードル脱毛機

医療レーザー脱毛機

医療レーザー脱毛機は3つの脱毛機の中で最も出力レベルの高い脱毛機です。医療機器なので、医師免許のある医師しか使用することができません。美容クリニックなどに導入されている業務用脱毛機です。

レーザー脱毛機は出力が高いこともあって美容光脱毛機と比較すると効果が強力だといわれています。しかし、パワーが強い分発生する痛みも強いことには注意が必要です。

美容光脱毛機

美容光脱毛機は、脱毛サロンで主に導入されている脱毛機で、レーザー脱毛機よりは出力レベルが劣ります。出力が弱い分痛みが少ない点がメリットですが、効果は医療脱毛機よりも出にくいといわれています。

しかし、最近は光脱毛も十分に効果を発揮するレベルまで技術が発達してきているため、出力が弱いといっても脱毛効果はしっかり現れると考えて問題はないでしょう。

ニードル脱毛機

ニードル脱毛機は、レーザー脱毛機や光脱毛機とは脱毛の仕組みが異なります。脱毛の仕組みは以下の通り。

  1. 脱毛する箇所の毛を抜く
  2. その箇所の毛穴に電気針を挿入し電気を流す
  3. 毛乳頭と呼ばれる毛を育てる箇所にダメージを与えて毛を再生できなくする

光を照射するシステムではないため、出力の強弱はあまり考える必要はありません。3つの脱毛機の中では最も効果が強く、唯一の永久脱毛と呼ばれています。ただし、強い痛みが発生することに関しては注意が必要です。

出力の高い脱毛機はどれ?

実は、業務用脱毛機の出力について、各メーカーが明確な数値を示しているわけではありません。そのため、どの脱毛機が出力が強いのか・弱いのかは判断しかねます。また、一概に、「出力が強いから良い」、「弱いからダメ」という風に言い切ることはできません。

出力が強ければ、痛みが強くなり肌への負担がかかりますし、弱くても肌内部にしっかりと光を届けられる脱毛機も存在します。

大切なのは、実際にメーカーにお問い合わせをして、脱毛機のパワーを体感してみることでしょう。

出力が落ちない脱毛機をご紹介!

業務用脱毛機には、明確に出力を示している機器が少ないといっても、実際にしっかりと出力できる業務用脱毛機がどれか気になりますよね。以下では、連続照射をしても出力パワーの衰えないおすすめ脱毛機をご紹介します。

Masterlight(マスターライト)

これまでの業務用脱毛機は、連射を行うと、だんだん出力が落ちてしまっていました。これによって照射はしていても、実質光っているだけの業務用脱毛機も多数存在しました。

Masterlightは、独自開発した脱毛方式「S-IPL(スーパーインテンスパルス)方式」でこの問題を解決しました。光を0.17秒間隔で、何十ショットも連続で照射すると、どうしても1回あたりの出力レベルは落ちてしまいますが、Masterlightは高い技術力でこの問題を解決しています。

CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ)

SHR脱毛とTHR脱毛
引用:https://www.csp-ef.jp/reason/#light

CLEAR/SP-efは、THR脱毛方式という脱毛方式を採用しています。従来のSHR脱毛とは、違い、連続照射しても出力が衰えない独自技術をCLEAR/SP-efもMasterlightと同じく開発しています。

THR脱毛は、出力レベルそのものはそれほど強くないため、痛みはそれほど強くありません。しかし決して効果が無いわけではなく、肌内部に届く光でしっかりと毛包(毛を育成する組織)に対してダメージを与えることで脱毛を可能にしました。

安全性が高い上に、脱毛効果も高いおすすめの脱毛機です。

株式会社NBSが取り扱っている、高い出力での連続照射が可能な業務用脱毛器CLEAR/SP-efについて詳しく知りたい方は、ぜひ下記リンクより公式サイトをチェックしてみてください。

CLEAR/SP-efの公式サイトをCHECK!

出力は、フィルターやランプを交換しなければ落ちていく!

業務用脱毛機は、基本的に消耗品です。キセノンランプやフィルターが劣化してしまいます。

定期的にメンテンナンスをして、既定のショット数を使用したら、フィルターを交換したり、ランプを交換しましょう。安全かつ効果を維持できるように、サポートの手厚いメーカーの業務用脱毛機を購入することもポイントの1つです。

まとめ

今回は、業務用脱毛機の「出力」について解説しました。出力のレベルとメンテンナンスについて正しく理解することで、成果の上がるサロン運営を目指しましょう!

 

業務用脱毛機器アカデミー運営チーム

業務用脱毛機器アカデミーは、サロン経営者やこれから独立する方を支援するために開設された、業務用脱毛機専門の比較サイトです。業界に精通したプロを中心に運営しており、最新の脱毛事情や、経営に役立つ情報を発信していきます。

業務用脱毛機ランキングBEST3

  • 1位

    CLEAR/SP-ef

    THR脱毛・氷結脱毛で痛みが少ない業務用脱毛機

    CLEAR/SP-ef
    • 本体価格

      208万円

    • 1ショット

      0.18

    独自の最新技術「THR脱毛」が搭載されているCLEAR/SP-ef。痛みが少なく、顧客満足度向上に貢献ができる業務用脱毛機です。脱毛に掛かる時間は、最短20分。脱毛サロンの回転率改善に繋がります。女性だけでなく、男性や子どもにも対応したハイスペックマシンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    Tino

    低価格なのに安心の5年保証!コスパ抜群マシン

    Tino
    • 本体価格

      138万円

    • 1ショット

      0.3

    業界屈指の低価格ながら、5年間の保証期間、3ヶ月の返金保証、賠償保険など充実した保証を完備。美顔フォトモードが搭載されておりエステメニューにも使える、まさにコスパ抜群の業務用脱毛器です。リースやレンタルでも導入可能なため、新品の機器を安く導入したい方にぴったり。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    クリアスキンネオ

    脱毛・フェイシャル・バストケアを1台に集約した多機能マシン

    クリアスキンネオ
    • 本体価格

      150万円

    • 1ショット

      0.19

    クリアスキンシリーズの中でも多機能性を重視して作られたクリアスキンネオは、幅広いメニューに対応しているだけでなく、ヒゲやVIOを含む6つの脱毛モードや鼻、耳、眉などのデザイン脱毛ができるヘッドも搭載。肌質や希望に合わせて最適な施術を提供できる業務用脱毛器です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

ヒット中のコンテンツ