メルカリで業務用脱毛機を購入するメリット・デメリット

中古の業務用脱毛機の購入、メルカリが当たり前になってきた

中古業務用脱毛機コラムでも中古は公式メーカーから買うのがベターというお話をしました。

中古業務用脱毛機を導入する際のポイントを解説
業務用脱毛機の「中古」と「新品」の差は大きい 業務用脱毛機の導入費用はけして安いものではありません。できるだけ費用を抑えようと、中古品の購入を検討す…

現在、最も発達している中古市場として思いつくのは『メルカリ』をはじめとしたフリマアプリ。
【中古 業務用脱毛機】で検索してもメルカリが上位に来てますよね。
サロンを開業するにあたって、メルカリで脱毛機を買うとどんなメリットがあるのか、また、どんなリスク・デメリットがあるのかをお伝えします。

結論を言ってしまうとサロンで使用するなら、メルカリでの購入は絶対におすすめできません。

メルカリで業務脱毛機を出品しているのはどんな人?

サロン経営者

元も含みます。
最近では現役の方も買い替えのタイミングで古い脱毛機を出品することが多いようです。また、ネイルサロンや美容室などサイドメニューで導入してうまくいかずに辞めたケースもあります。

中古業者

サービスサイトや店頭でなかなか売れないものをメルカリに出していることもあります。

大きく分けるとこの2つです。
ほとんど保証期間が切れている年数のものです。
保証内でも当然メーカーからの購入ではありませんので、保証サービスは受けられません。

CtoC取引は中古業者よりリスクが高い購入方法

業務用脱毛機はユーザーの肌に直接触れ、サロンの核になるもの

たとえば個人が使用する家庭用脱毛器ならトラブルがあった場合も自己責任で済みますが、サロンでユーザーに使用する脱毛機はサロンの責任が追及されます。
個人間の取引は中古業者よりもメンテナンスもされていないことが多いです。どこで保管されていた、どういった状態でこれまで使用されてきたのかもわからないですよね。
また、どんな販路でどんな人にわたって、メルカリの出品者にたどり着いているかも不明です。

業務用脱毛機において『安全』は最も高価

ページを見ていると「直接会うのは難しい」「電話もNG」「プロ仕様なのでしっかりわかる方じゃないと厳しいと思います」と、CtoC取引ならではのやり取りやキャプションがみられます。メルカリといっても1万、2万で取引できるわけではありません。
リスク・デメリットと予算を天秤にかけて“安物買いの銭失い”にならないようによく考えてから取引ボタンを押してください。

「安全」は安いものではありません。

  • シェア

ヒット中のコンテンツ