業務用脱毛機『ハレモ』の特徴・スペック

『ハレモ』の基本データ

価格・値段

  • 【本体価格】159万円
  • 【ランニングコスト】1ショットあたり0.1円
  • 【ランプ代】5万円

スペック

  • 【脱毛方式】HIPL脱毛
  • 【ランプ総ショット数】50万発
  • 【機械の大きさ/重量】不明
  • 【照射面積】単発照射:12mm×33mm、連続照射:15mm×50mm
  • 【出力波長(nm)】単発照射:430nm-1200nm、連続照射:640nmー950nm
  • 【消費電力量】3000W

機能・性能

  • 【エステメニュー】〇
  • 【メンズ脱毛モード】×
  • 【子ども脱毛モード】×
  • 【冷却機能】〇

導入手段

  • 【レンタル】〇
  • 【リース】×
  • 【中古】×

保証

  • 【保証期間】不明
  • 【製造】不明

『ハレモ』の機能・性能

2021年に発売されたばかりのハレモは、独自の最新技術である「HIPL脱毛」を搭載しています。

現在主流になりつつあるのは「SHR脱毛」という連射式の脱毛方式ですが、使用している途中で出力が落ちてしまうという欠点があります。
しかし、HIPL脱毛の最大の特徴は、業界最高レベルの高出力で光を照射することによって、長時間使用しても安定した効果を発揮するということです。

最大出力は3000Wで、男性のヒゲのような剛毛にもしっかりと効果を発揮します。
連射性能も高く、公式サイトには「全身脱毛が12分で完了」との記載もあります。

『ハレモ』の口コミ・評判・評価

ハレモを導入している脱毛サロンの口コミ・評判を紹介します。
実際に施術を受けたお客さまのリアクションを参考に、購入を検討してみてください。

全身脱毛もあっという間に終わります!これからしっかり通って、ツルツルのお肌になろうと思います。

友人に紹介されて初めて脱毛をしました。痛いか不安でしたが、ひんやりと冷たくて気持ち良かったです。

施術箇所は少し赤くなりましたが、痛みはそれほどでもなかったです。毛穴が引き締まったのか、肌もワントーン明るくなりました。

時間もアッという間に過ぎて仕上がりも良かったです。お話している間に終わっていて、時間もかからないし、終わった後は肌がしっとりしていました。

全身脱毛を4回受けました。迅速かつ丁寧で、1時間以内には終わります。痛みはVIO以外は無痛です。熱さを感じることはなく、むしろ少し冷えるくらいです。VIOはちょっと痛いけど、我慢できる程度の出力に抑えてもらっています。

『ハレモ』の価格・値段は?

どれだけ機能が優秀でも、金額が高いと購入を踏みとどまってしまいますが、ハレモの本体価格は159万円です。
業務用脱毛機の相場はおよそ100万~500万円程度なので、ハレモはかなりリーズナブルな部類に入ります。
さすがにハイクラスの業務用脱毛機と比較すると機能は劣りますが、この本体価格を考えるとコストパフォーマンスは十分高いと言えるでしょう。

また、月々29,800円のレンタルプランもあります。
何かと費用がかかる開業時の負担を分散させたいという場合におすすめです。

『ハレモ』のランニングコストは?

ハレモは本体価格だけでなく、ランニングコストもかなりリーズナブルです。
業務用脱毛機のランニングコストは1ショットあたりのコストで表されることが多いですが、ハレモの場合は1ショット0.1円で、業界最安値レベルです。
中には1ショット1円以上する機種もありますが、それと比べると、ランニングコストは10分の1で済むということになります。

『ハレモ』の痛み・冷却機能は?

脱毛器を選ぶ際は痛みの強さもチェックしておく必要があります。
一応水冷式と空冷式の二つの冷却機能を搭載しているハレモですが、最新の他社製品と比較すると「標準的」といった印象です。
出力が高い分、脱毛効果も高くなるという点は評価できますが、顧客満足度を上げるためには、より強力な冷却機能を搭載していることが望ましかったです。

『ハレモ』は男性のヒゲにも使用できる?

性別や部位によって、体毛の性質は全く異なります。
特に男性のヒゲは濃い・太い・量が多いという3拍子揃った、非常に頑固な部位ですが、業界最高レベルの出力を誇るハレモであれば、問題なく効果を発揮するでしょう。
これからメンズサロンを開業しようと計画している人も多いと思いますが、そのような場合にもおすすめです。

『ハレモ』は子ども脱毛にも対応している?

一方、子ども脱毛にはあまりおすすめできません。
近年は未成年者でも脱毛する人が増加していますが、思春期の子どもの肌は大人より敏感で、より高い安全性が求められます。
その点、ハレモは冷却機能や安全装置が充実しているとは言えないので、子ども脱毛も視野に入れるのであれば、別の機種をおすすめします。

『ハレモ』の照射面積は広い?

施術時間を短縮するためには照射面積も大切です。
照射面積が広ければ、その分1ショットでより広い範囲に光を当てることが可能で、照射回数も少なくて済みますが、ハレモの照射面積は7.5㎠(15mm×50mm)とやや広めに設計されています。
10連射という驚異的な連射性能も相まって、サロンの回転率を大幅に上げることができます。

『ハレモ』は個人でも購入可能

ハレモが他の業務用脱毛機と異なる点は、個人でも購入できるということです。
通常の業務用脱毛機の場合、「業務用」とついているだけあって、基本的には脱毛サロンも含めた美容サロンにしか販売されていません。
「家族で脱毛したい!」という場合には、脱毛サロンに通うより、ハレモを購入してしまう方が安く済む場合もあるでしょう。

『ハレモ』の販売メーカー「フジマエ」について

ハレモは2021年に販売されたばかりの新しい業務用脱毛機ですが、メーカーである株式会社フジマエも2019年に設立されたばかりの若い会社です。
老舗の人気メーカーと比較すると、どうしても実績や信頼度が劣ってしまうため、脱毛機の保証制度やメーカーサポートの詳細をよく確認してから購入を検討しましょう。

「フジマエ」の基本データ

社名 株式会社フジマエ
設立 2019年
代表取締役 前島 賢人
所在地 東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ダイヤビル2F
電話番号 03-6865-7377
事業内容 美容機器の販売・修理
エステサロン運営
サロンコンサルティング

業務用脱毛機「フジマエ」が販売する業務用美容機器

  • ハレモ
  • ハレモ-S

※記載内容は2022年4月現在・独自の調査によるものです。情報に関しては公式サイトへお問い合わせください。

ハレモの公式サイトをCHECK!

他の業務用脱毛機をランキングでチェック!

ハレモ以外の業務用脱毛機にも興味がある方は、こちらのランキングをチェックしてみてください!
色んな機種を比較して、ベストな脱毛機を選びましょう。

ranking-banner

業務用脱毛機器アカデミー運営チーム

業務用脱毛機器アカデミーは、サロン経営者やこれから独立する方を支援するために開設された、業務用脱毛機専門の比較サイトです。業界に精通したプロを中心に運営しており、最新の脱毛事情や、経営に役立つ情報を発信していきます。

業務用脱毛機ランキングBEST3

  • 1位

    CLEAR/SP-ef

    THR脱毛・氷結脱毛で痛みが少ない業務用脱毛機

    CLEAR/SP-ef
    • 本体価格

      208万円

    • 1ショット

      0.18

    独自の最新技術「THR脱毛」が搭載されているCLEAR/SP-ef。痛みが少なく、顧客満足度向上に貢献ができる業務用脱毛機です。脱毛に掛かる時間は、最短20分。脱毛サロンの回転率改善に繋がります。女性だけでなく、男性や子どもにも対応したハイスペックマシンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    バイマッハ

    脱毛と同時に美肌・痩身もできる業務用脱毛機

    バイマッハ
    • 本体価格

      400万円

    • 1ショット

      0.4

    イオン導入を照射しながら脱毛ができるバイマッハ。フェイシャルエステ機能も搭載されているため、エステメニューにも対応しています。2018年には、「ベストビューティーアイテム賞」を受賞。業界初の5年保証は、サロンオーナーにとって安心できます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ルミクス-A9

    1ショットあたり0.1円の高コスパマシン

    ルミクス-A9
    • 本体価格

      480万円

    • 1ショット

      0.1

    導入実績が豊富のルミクス-A9。痛みも少なく、日焼け肌や産毛、金髪にも対応している業務用脱毛機です。導入後は、豊富なノウハウで、サロンに合わせた経営サポートも充実しており、土日祝日の問い合わせ対応◎。脱毛サロン開業初心者におすすめの機器です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

ヒット中のコンテンツ