脱毛サロンをフランチャイズ化するメリット・デメリット

「いきなり個人経営できるか心配」「フランチャイズ経営はお金がかかる?」

脱毛サロンの開業を希望するが、個人経営への不安や手間から、フランチャイズへの加盟を検討している方も少なくないでしょう。

今回のコラムでは脱毛サロンのフランチャイズ経営をするメリットとデメリットをまとめました。

十分な知識がないと不安定な経営を招きかねないエステ業界で、あなたが安心してサロン経営をできるように、徹底して調査・分析を行いましたのでぜひ参考にしてみてください。

脱毛サロンフランチャイズ経営のメリット

初めにメリットについて解説します。

脱毛サロンをフランチャイズ経営するメリットは以下の5つです。

【メリット①】開業サポートを受けられる

開業で必要なもの

個人サロン経営との一番大きな違いは、成功モデルのノウハウを参考できる点です。

フランチャイズに加盟することでマニュアル化された支援を受けることができ、安心して開業準備をすることができます。

脱毛サロンに限らずどのビジネスも常にリスクと隣り合わせですが、既に経営の安定しているサロンのフランチャイズに加盟することで、失敗の危険性を抑えることができます。

【メリット②】ブランド力を利用した集客ができる

ブランディングはビジネスでは重要な戦略の一つで、適切に行うことで効果的な集客を行うことができ、安定した経営が期待できるでしょう。

しかし、ブランディングは簡単ではなく、顧客との信頼を構築するための一定の期間と戦略が必要です。

フランチャイズに加盟することで開業支援や経営ノウハウだけでなく、既に実績を上げているお店のブランド力を利用することができます。

【メリット③】脱毛機選びがわかりやすい

業務用脱毛機の機能は多種多様で価格も大小さまざまです。

サービス内容やターゲット層によっても機械の向き不向きがあり、どの機械を選べばよいのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか?

成功しているサロンでは、合理的な脱毛機の選定が行われているため、フランチャイズへ加盟することで成功モデルを参考にすることができます。

機器の購入を失敗するリスクを避けることができるだけでなく、メーカーへの問い合わせや見積もりなどの手間も省けます。

【メリット④】信頼性のある情報を提供できる

フランチャイズ経営では母数となる顧客のデータが多く、信頼性の高い情報を提供しやすいです。

科学的なデータが多くない美容脱毛市場では、効果や健康への害などを明言することが難しく、お客様の信頼獲得が簡単ではありません。

特に個人経営では自身で情報収集を行うため、お客様に正しい情報を提供することが難しいです。

フランチャイズでは本部が調査分析データに基づいてお客様の悩みや疑問に答えることができます。

【メリット⑤】スタッフ教育がわかりやすい

キャビテーションの機械を当てるエステティシャン

脱毛サロン開業には自身の脱毛知識に加え、スタッフ教育が必要不可欠です。

「どのように教えればよいかわからない」「スタッフの採用基準が知りたい」などの不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

フランチャイズ経営では大部分がシステム化されているため、統一されたスタッフ教育を行うことができ、自身で研修の仕方を考える手間を省くことができます。

スタッフ間での施術技術や接客の差を小さくすることができ、サロン経営を安定させることができるでしょう。

脱毛サロンフランチャイズ経営のデメリット

次にデメリットについて解説します。

脱毛サロンをフランチャイズ経営することはメリットだけではありません。想定できる課題をしっかりと把握しておきましょう。

【デメリット①】フランチャイズ特有のコストがかかる

ロックダウン

フランチャイズに加盟することで様々なサポートを受けられるとお話しましたが、当然無料で受けられるわけではなく対価を支払う義務があります。

  • ロイヤリティ(売上の一部を本部へ支払う義務)
  • 加盟金(フランチャイズに加盟する際に支払う契約金)
  • 保証金(一定期間継続した経営を行わなかった際に支払う費用)

以上の三つが主に発生するコストですが、サロンごとに内容が異なり、その他にも様々な費用がかかることがあります。

個人経営では発生しないフランチャイズ特有の費用なので、事前に確認しておきましょう。

【デメリット②】オリジナリティが出しにくい

確立されたルールやマニュアルが既にあるため、自身のこだわりをサロンに反映しづらいことがあります。

オリジナリティや競合との差別化に力を入れたいのであれば、経営の全てを自身で決定することのできる個人経営をおすすめします。

【デメリット③】ブランドイメージに売上が左右される

サロンのブランドイメージは全ての店舗の評価が反映されるため、特定の店舗が受けた評価は全体に影響を及ぼします。

顧客はどのサロンも同等であると判断することが多く、ブランドイメージの変化で事実とは異なるイメージを自身のサロンにも持たれてしまいます。

自身ではコントロールすることのできない要素で悪い影響を受けるリスクもあります。

【デメリット④】系列店舗との顧客の取り合いが発生する

親サロンは売上を伸ばすための施策として、加盟店舗数を増やすことに力を入れてることが多いです。

自身のサロン近くに同じグループの店舗が設置されることも多く、互いの顧客を取り合うことで売上が下がることもあり得ます。

【デメリット⑤】サポート内容が限られている

イメージ

フランチャイズへ加盟することは、直営店として経営するということではありません。

ある程度のサポートやマニュアルを参考にすることはできますが、親サロン次第ではホームページの作成やサロンの内装デザインなど、自身で決定しなければならない事項も多く存在します。

サポート内容がどこまでなのか、自身で把握しておく必要があります。

脱毛サロンの開業を希望するあなたへ

今回は脱毛サロンのフランチャイズ経営をテーマに解説をしてきました。

メリットとデメリットを理解できましたでしょうか?

脱毛サロンの経営形態は様々で、それぞれのメリット・デメリットを把握することが大切です。

自分の目的や志向に合わせた方法を模索し、明るい脱毛サロン経営を実現しましょう。

業務用脱毛機器アカデミー運営チーム

業務用脱毛機器アカデミーは、サロン経営者やこれから独立する方を支援するために開設された、業務用脱毛機専門の比較サイトです。業界に精通したプロを中心に運営しており、最新の脱毛事情や、経営に役立つ情報を発信していきます。

業務用脱毛機ランキングBEST3

  • 1位

    CLEAR/SP-ef

    THR脱毛・氷結脱毛で痛みが少ない業務用脱毛機

    CLEAR/SP-ef
    • 本体価格

      208万円

    • 1ショット

      0.18

    独自の最新技術「THR脱毛」が搭載されているCLEAR/SP-ef。痛みが少なく、顧客満足度向上に貢献ができる業務用脱毛機です。脱毛に掛かる時間は、最短20分。脱毛サロンの回転率改善に繋がります。女性だけでなく、男性や子どもにも対応したハイスペックマシンです。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 2位

    バイマッハ

    脱毛と同時に美肌・痩身もできる業務用脱毛機

    バイマッハ
    • 本体価格

      400万円

    • 1ショット

      0.4

    イオン導入を照射しながら脱毛ができるバイマッハ。フェイシャルエステ機能も搭載されているため、エステメニューにも対応しています。2018年には、「ベストビューティーアイテム賞」を受賞。業界初の5年保証は、サロンオーナーにとって安心できます。

    公式サイトを見る 詳細はこちら
  • 3位

    ルミクス-A9

    1ショットあたり0.1円の高コスパマシン

    ルミクス-A9
    • 本体価格

      480万円

    • 1ショット

      0.1

    導入実績が豊富のルミクス-A9。痛みも少なく、日焼け肌や産毛、金髪にも対応している業務用脱毛機です。導入後は、豊富なノウハウで、サロンに合わせた経営サポートも充実しており、土日祝日の問い合わせ対応◎。脱毛サロン開業初心者におすすめの機器です。

    公式サイトを見る 詳細はこちら

ヒット中のコンテンツ