脱毛サロン開業にはいくらかかる?

マシン以外に必要な初期費用

脱毛サロンを開業するためには支払わなければいけない費用・購入するべきモノがたくさん。業務用脱毛機はもちろんのこと、ざっと挙げるだけでも以下のようなものがあります。

  • 場所代……テナントの賃料など
  • 消耗品……化粧品、タオル、シーツなど
  • 家具……ベッド・カウンセリング用テーブルなど
  • 電化製品……パソコンやプリンター、洗濯機など
  • 内装費……サロンの内装工事にかかる費用

サロンの形態別・抑えるべき費用と出すべき費用

自宅サロン

その名の通り自宅で開業する自宅サロンは、サロン用に場所を借りる必要がない分初期費用を抑えられるタイプです。

浮いた分、しっかり費用をかけたいのは内装費。どうしても出がちな生活感をカバーするため、お客様を通す空間はしっかりと内装を作り込みたいところです。

商業施設内に間借りするサロン

内装に制限がかかったり、サロンに来るお客様が商業施設の利用者に限られたり……とある程度の縛りはあるものの、初期費用を抑えるという点においては優秀なのがこのタイプ。
内装費は最低限で済みますし、広告費もある程度抑えられます。

その分の資金はマシン導入に回したり、消耗品や家具にかける費用にすることで他サロンとの差別化を図ることが重要です。

賃貸マンションサロン

自宅とは別にマンションの一室を借りてサロンを開業する場合は、場所代と内装代でかなりの費用が掛かることを覚悟する必要があります。

店舗としてマンションを借りる場合、賃料には消費税がかかりますし(住居として借りる場合にはかからない)、保証金などを上乗せされるケースもしばしば。

その代わり、ここで挙げたサロンの中で最も自由度の高いのがこのタイプ
業務用脱毛機はしっかりとコスパを重視して選び、こだわりのサロンを作り上げましょう!

初期費用を抑えたいサロンオーナーにおすすめの業務用脱毛機は?

CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ)

  • 価格:168万円
  • ランニングコスト:0.18円

低価格・多機能・コンパクトと、新規開業サロンに嬉しい要素が揃った業務用脱毛機。
月額38,232円(+税)での購入も可能なため、徹底的に初期費用を抑えたい方におすすめ。

他サロンとの差別化を図りたい場合、オプションでメンズ脱毛・子ども脱毛専用のフィルターを購入することも可能です。

スピード・安全・コスパを網羅!『CLEAR/SP-ef(クリ…
業務用脱毛機『CLEAR/SP-ef(クリアエスピー・エフ)』の特徴・スペック 独自の最新技術『THR脱毛』により抜ける光を持続 『CLEAR/SP-ef』は、肌内部に浸透し…

CUBE DUO(キューブデュオ)

  • 価格:138万円
  • ランニングコスト:0.46円

数ある業務用脱毛機の中でも最安値レベルの価格を誇る業務用脱毛機。さらに初期費用を抑えたい方向けに、分割・リース・クレジットカード払いに対応しています。

タワー型マシンですが、33cm(横)×33cm(奥行)×95cm(高さ)というスリムなサイズ感も注目。自宅サロンや賃貸マンションサロンでもスペースを有効活用できます。

本体価格は最安値!?『CUBE DUO(キューブデュオ)』
業務用脱毛機『CUBE DUO(キューブデュオ)』の特徴 業界最安値!?本体価格138万円の圧倒的導入コスト 『CUBE DUO(キューブデュオ)』で目を引くのが本体価…
  • シェア

ヒット中のコンテンツ